海外進出への夢
SEの憧れ海外勤務に必要な情報を集めました!

海外システムエンジニアの採用方法

Read the rest of this page

「海外で自分を試してみたい」と考え、海外転職を希望している方もいると思います。「システムエンジニアとして、海外で通用するのか試したい」と考えている方もいるでしょう。しかし、海外転職となれば、国内での転職活動とは変わってきますから、「どのように、求人を探したら良いのだろう?」「どのように、採用されるのだろう?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

では、海外転職の採用方法について、ご紹介しましょう。システムエンジニアとして海外で働くためには、まずは求人をチェックしていくことが必要。求人をチェックするとなると、「まずは、海外に行ってから転職活動をするしかないだろう」と思っている方もいると思いますが、海外転職の場合には現地採用という方法もありますが、駐在員という採用方法もあります。現地採用の場合には、現地で転職活動をし、採用を掴む方法となりますが、駐在員の場合には日本で面接や試験などを受け、採用されることになります。そして、日本本社から指示された国へ派遣されることになります。「どちらの方法が良いのだろう?」と迷われる方もいると思いますが、どちらにもメリットデメリットがあるため、これらを考えて判断していくことが必要です。

例えば、現地採用の場合には採用後、長くその企業に勤めらるというメリットはありますが、現地スタッフよりも収入設定が低くなりますし、住居などは全て自分で探さなければいけないというデメリットがあります。駐在員の場合には、収入設定が高く住居なども用意してくれるため、安全に生活が出来るというメリットがある分、企業の方針によって数年後に他の国への派遣が指示されるというデメリットがあります。
このように、海外転職では採用方法が二つあるため、メリット・デメリットも理解した上で自分にとって理想的な働き方を選ぶことが必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930